手

元本割れの少ない商品

都市綜研インベストバンクは「みんなで大家さん」という不動産投資商品を提供している会社です。不動産投資を小口化することで元本割れのリスクを減らしたところに魅力があり、よい噂が多いです。当然悪い噂もあるので自分の頭で考えて決めるのが大切です。

記事リスト

スーツの人

株のサポートを受ける

資産形成に株式投資をしたいと考える方も多いです。しかし素人には株式投資をいかにはじめていいのかもわからず、リスクのある世界に飛び出すことになります。そこで株式投資の初心者は、全面的にサポートをしてくれるファーストリッチ投資顧問を利用するとよいでしょう。

グラフ

老後生活を安定させる方法

少子高齢化の時代は自分で自分の老後生活を守ることが大事です。金利が低い時代にあっては、資産を増やすために投資をすることになります。投資はリスクがありますので、資産運用セミナーに参加して経済や金融について学ぶ必要があります。セミナーに参加すると税金対策についても知ることができます。

お金を持つ人

海外のfx業者を選ぶ方法

海外fxが人気ですが、たくさんある業者の中から選ぶ場合は比較検討することが大事です。比較するポイントは3つあります。1つは拠点となっている国の金融ライセンスを持っているかどうかです。2つ目は日本語対応になっているかどうかです。3つ目は信託保全をしているかどうかです。この3つをクリアすれば安全です。

グラフ

証拠金を入れずに勝負

海外FX業者の中には、口座開設をするだけでボーナスが入金される業者があります。そのため口座の入金しなくてもトレードができてしまいます。ただし、ボーナスは出金できず利益分のみが口座から出金することができます。

運転資金の融資を受ける

男性

金利と返済期間で決める

会社を運営していると事業資金を調達する時が必ずやってきます。その時にまず利用したいのが公的金融機関の融資です。銀行でも事業資金の融資を取り扱っていますが、金利を考えたら公的金融機関の方がはるかに有利です。このような公的金融機関には国の機関と地方自治体の機関があります。新規に事業を始める時にも利用できますし、ほとんどの業種が利用できる通常融資もあります。例えば国の金融機関の融資限度額は、設備資金の場合は7200万円で借入期間は20年となります。運転資金の場合は4800万円で借入期間は7年です。金利も1パーセント代と低くなっています。また地方自治体でも審査に申し込むことができます。自治体の場合は信用保証協会などの審査があるので、融資までに時間がかかります。商売をしていると緊急の事業資金を調達する場合があります。そのような時に便利なのが銀行や金融会社のビジネスローンです。金利は高めですが審査スピードが速いので、緊急時の事業資金調達には便利です。ただし金利が高いので、短期間の利用に向いています。売掛金などが回収できた時に全額返済するといった利用法がおすすめです。銀行には不動産担保ローンがあり、これは長期間の返済になっています。担保物件の6割から8割程度の融資が可能で、金利は比較的低めに設定されています。公的金融機関で調達できない場合などに活用することができます。この場合は事業資金計画書などを提出します。また、資金を集める方法としてクラウドファンディングという方法もあるでしょう。クラウドファンディングは資金提供を呼びかけ、支援者を募るものとなっています。クラウドファンディングには寄付型や投資型などがあり、寄付型の場合はリターンなしでも問題ないのですが投資型などは支援してくれた人にリターンがあるため、事前に確認しておくようにしましょう。会社経営をしているわけではなく、投資をしたいという人にも注目されている方法です。また、最近は仮想通貨も注目が集まっており、仮想通貨を始める前に仮想通貨取引所に登録しなければなりません。取引所はどこでも良いというわけではないので慎重に見極めることが大切です。マイナーなコインに投資したい場合はbinanceがおすすめです。binanceは取り扱いコイン数が多いので安心して利用することができるでしょう。